八王子で盛んなバスケの怪我は、整骨院へ

2019/04/22 ブログ
ロゴ

八王子の子安町にある整骨院、八王子南口整骨院 院長の熊野です。

 

 先日、八王子唯一のプロバスケットボールチーム「八王子ビートレインズ」の応援に行ってきましたwink

 

昨年の開幕戦も見に行ったのですが、怪我人だらけでベンチメンバーもフルにできず罰金になったとか・・・crying

 

今回は、元NBA選手が入ったということで期待して行きましたが、残念ながら大差の負けでした・・・(><)

 

 

学生時代から、NBAは見続けていて、マイケル・ジョーダンの2回目の3連覇は1番TV観戦ていたものです。

また、八王子には、毎年全国大会に出るバスケの常連校もありますので、東京開催であるウィンターカップなどはたまに観戦に行っています。

 

 

このバスケットボールというスポーツは、とても怪我の多いスポーツです。

ルール上は、接触してはいけないはずなのですが(笑)、センターやパワーフォワードのポジションは、体を張ってなんぼのポジションです。

 

接触プレーが増えれば怪我が増える・・・angry

 

肘が顔に当たったり、リバウンド争いで、指が目に当たったりといった、切り傷・鼻血・鼻骨骨折などは頻繁にある外傷ではないでしょうか?

 

 

また、バスケはジャンプ競技でもあります!

 

従って、着地に失敗すれば、足首の捻挫や、膝の半月板損傷・靭帯損傷アキレス腱断裂など重度の症状になってしまう怪我もあります。

 

 

その他、球技としては、重く大きいボールを使うので、突き指なども多いですね。

 

 

また、中腰でのポジショニングが多いため、筋・筋膜性の腰痛にもなりやすいです。

往年の名選手ラリー・バードも晩年は腰痛に悩まされていました(><)

 

 

頻度は少ないにしても、肋骨の骨折肩関節の脱臼、などもありますね・・・。

 

 

バスケットのような俊敏性の重要度が高いスポーツでは、1つの故障がアスリートとしての選手寿命を短くしてしまいます。

 

 

八王子南口整骨院では、足首の捻挫などの比較的ポピュラーな症状から、体幹を支えるインナーマッスルのトレーニングまで行っていきます。

 

 

バスケットボール競技での怪我でのお悩みには、八王子南口整骨院にご相談下さい。

 

 

平日23時まで、土曜日・日曜日・祝日も19時まで診療

八王子駅から徒歩4分の接骨院

駐車場2台分あり

八王子市子安町4-15-19

☎042-641-2038

八王子南口整骨院