八王子の整骨院で、バレーボールの怪我の治療を

2019/07/04 ブログ
ロゴ

八王子の子安町にある整骨院 八王子南口整骨院、院長・熊野です。

 

本日は、バレーボールの怪我についてです。

 

八王子では、昔から八王子実践高校が女子バレーの強豪で有名です。laugh

ママさんバレーなども活発のようで、現在プレーをしている方や、コーチの方などが来院されています。

 

バレーボールの怪我といえば・・・

 

ジャンパー膝・・・

太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)が、ジャンプ動作の繰り返しで、膝のお皿(膝蓋骨)を中心に上下の範囲で痛みがあります。片側に痛みが出ると、もう片方にも痛みが出ることが多い症状です。我慢するとプレーもできてしまうため、治療に行くのが遅れてしまうことも多い症状です。

うつ伏せで、踵がお尻(臀部)につかないようであれば注意が必要で、予防はストレッチが有効です。練習の前に限らず、時間があればストレッチをしてほぐすことと、練習後の膝のアイシングが重要です。

 

足関節捻挫・・・

バレーボールで最も多いけがとなります足関節の捻挫です。ひどいものには靭帯損傷を起こすものもあります。スパイクやブロックに飛んだ際に、見方や敵の足を踏み、足首を打返ししてしまうことで起こります。

予防とすれば、足関節のストレッチで柔軟性を高めることが良いでしょう。また、足関節専用のサポーターをすることで予防になりますが、それでも、起こりやすい怪我となります。

受傷後は内出血などが酷く、着地で痛みが増大し、治療を行わないと足首の関節が緩くなってしまうこともあります。初期の治療が大事となります。

 

突き指・・・

これもバレーボールの怪我では多いものです。程度は様々で、骨折・脱臼・靭帯損傷・腱断裂などがありえます。熱感・腫れ・変形・変色・痛みが強いときには、医療機関での治療が必要です。

予防は、テーピングが有効です。

 

腰痛・・・

バレーボールの競技は、中腰が多く、スポーツとしては、練習時間が長い傾向があります。それゆえに同じ筋肉に負荷をかけ続け、そこで1つのきっかけにギッコリ腰を起こしてしまうケースがあります。

これも、予防とすればストレッチが有効で、緊張した筋肉をしっかりと柔らかくすることで起こりにくくはなりますが、自身では限界がるので、治療家にケアしてもらうと良いでしょう。

 

バレーボールのようなジャンプ競技は、腰や足への負担が多い競技です。

そして、接触スポーツでないジャンプ競技は、他のスポーツよりアキレス腱断裂という重症な怪我も比較的多いものとなります。

気を付けていても、怪我は起こってしまうケースも多々あります。

 

バレーの怪我でお悩みの方は、当院までご相談下さい。

 

平日23時まで、日曜日・土曜日・祝日も19時まで営業

八王子駅から徒歩4分の接骨院

駐車場2台分あり

八王子市子安町4-15-19

☎042-641-2038

八王子南口整骨院