八王子の整骨院で、クーラー病の改善を

2019/07/27 ブログ
自律神経の改善

八王子の子安町にある整骨院、八王子南口整骨院 院長・熊野です。

 

まもなく関東も梅雨明けになる今日この頃です。

この時期で心配なのは・・・クーラー病

 

外は暑く、室内は冷房でガンガンに冷やしていると、なんだか体調が悪いな・・・なんてことはありませんか?

 

本来なら、クーラーの設定温度を上げて、部屋が冷えすぎないようにするといいのですが、職場などでは自由に温度を変えることができなかったり、単純に設定温度を上げたくなかったり・・・など(笑)

 

 外気と室内温度の差が5度以上になると、クーラー病の症状である頭痛や肩こり、足のむくみ、時によっては吐き気など・・・。

 

クーラー病とは、外気と室温の差からくる自律神経の乱れからの不調です。

 

人間は、体温を一定に保とうとする動物です。

脳は、ホルモンや体性神経、そして自律神経にそれぞれ命令を出し、体温を調整しています。

 

特に自律神経は、発汗や血管の拡張、収縮を働きかける役割がありますが、5度以上の温度差があるところに頻繁に行き来すると、自律神経は乱れてしまい、体に影響を与えてしまいます。

 

クーラーの時期に、頭痛・肩こり・足のむくみ・だるさ・食欲不振

このような症状がある場合は、クーラー病かもしれません。

 

予防としては、

・クーラーが直接当たらない場所に座る

・冷たいものを食べすぎない

・運動を心掛ける

・シャワーではなく湯船に入る

・足元を冷やさない

・スカーフやタオルをかけて首を冷やさない

・生姜の温かい飲み物を飲む

などなど・・・。

 

当院では、手技施術で血行の改善をおこないます。

 

クーラー病で、お悩みの方は、当院にご相談下さい。

 

 

平日23時まで、土曜日・日曜日・祝日も19時まで営業

八王子駅から徒歩4分の整骨院

八王子市子安町4-15-19

☎042-641-2038

八王子南口整骨院