八王子の整骨院で、柔道の怪我の治療を

2019/08/05 ブログ
足関節

八王子の子安町にある整骨院、八王子南口整骨院 院長・熊野です。

 

柔道は、学校で習う武道として、怪我の多い方だといわれているようですcrying

初心者の時には、受け身の時間が長かったと感じる人も多いのではないでしょうか?

 

まずは、受け身ができないと、技を掛けられた際に、打ち身や捻挫・・・時には骨折や捻挫など・・・。

 

受け身も、技によりどのように受けるかは違ってくると思いますが、そこには経験が必要になってくると思います。

 

また、経験を積んでくると、投げられたくないという感情から、投げられるのを我慢しすぎたり、投げられた瞬間に手のひらをつこうとしたり・・・脱臼などの大怪我に繋がってしまうことも!

 

 

柔道の怪我で多いものは、

腰痛・・・相手の身体を腰に乗せて、何度も投げると、腰に負担がかかってしまいます。

練習や試合の前後には、必ずストレッチをして体をほぐしておきましょう。

あとは、単純に筋力不足だと、負担のかかる割合が大きくなるので、ストレッチをしても筋緊張がなかなか取れない方もいます。

 

そういう時は、当院で筋肉の調整を行ったり、楽トレを行いインナーマッスルを鍛えたりということで解消することができます。

 

他に柔道で多い怪我は、手首の捻挫・足首の捻挫。

怪我の後は、炎症が酷く出ることが多いので、まずはアイシングでしっかり冷やしましょう。

そして、捻挫した関節をテーピングなどで固定しましょう。

この固定をしっかりしないと、関節が緩くなり、力の入り具合に支障をきたすことがあります。

自分で、テーピングをできない方は、当院でも行うことができます。

 

柔道は、様々な怪我が起こる可能性があります。

怪我のご相談は当院へどうぞ。

 

平日23時まで、土曜日・日曜日・祝日も19時まで営業

八王子駅から徒歩4分の接骨院

八王子市子安町4-15-19

☎042-641-2038

八王子南口整骨院