八王子周辺でランニング、大会までに痛みと違和感は解消、テーピングで予防

2019/11/08 ブログ
テーピングとハサミ

八王子駅の周辺でランニングの練習後のケアに整骨院を。

八王子南口整骨院 院長の熊野です。

 

急に朝晩が寒くなる今日この頃・・・風邪などの体調不良には気を付けたいですね。

 

寒くなってくるこの時期、体力維持や健康維持のためのランニング、年末や来年初頭のマラソン大会に向けて走り込みを増やしていく時期です。

そんな中、ランニングのオーバーワークにより、膝やすね、ふくらはぎといった脚の各箇所に違和感やら故障が出た方もいるのではないでしょうか?

 

河口湖マラソン、湘南マラソン、横浜マラソン、青梅マラソン、東京マラソンとフルマラソンを目指す方などは、距離を踏みつつ、調整をしっかり行っていきたいものです。

 

特に心配なのは、膝の怪我。

①内側が痛い人は、半月板の損傷や、内側側副靭帯の損傷など。

②外側が痛い人は外側側副靭帯の損傷。

③膝の下が痛い人は、膝蓋靭帯と大腿四頭筋の不安感。

④その他、鵞足炎、シンスプリントなど

 

ランニング中に不調をきたせば、まずは練習を中止する。

そして、アイシング。

まずは炎症を取ることを考えましょう。

炎症が原因の際にお風呂などで温めてしまうと、炎症が助長されてしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

痛みが強い場合には、八王子南口整骨院で、処置を行いましょう。

 

まずは、ハイボルト療法により、痛みと筋肉の緊張の緩和を。

手技療法によりランニングで凝り固まった筋肉をほぐし血流の回復を。

テーピングにより、怪我の予防を。

 

大会前日には、テーピングにより、パフォーマンスの向上を目指しましょう。

 

平日の夜11時まで、土曜日・日曜日・祝日は夜7時まで営業。

八王子駅から徒歩4分の接骨院

駐車場も2台分あり

八王子市子安町4-15-19

☎042-641-2038

八王子南口整骨院